「Shining Road」を弾こう!

  1. 初めに
  2. 「チャ」を理解する
    1. 「チャ」の実例
    2. 「チャ」はどうやって鳴らすのか
      1. 「チャ」という音が出る仕組み
      2. 「チャ」の後は必ずベース音を弾く
      3. ベース音を弾く弦の一つ隣の弦で「チャ」が鳴っている
    3. 「チャ」を動画で解説
  3. 「Shining Road」にチャレンジ!
    1. イントロ
    2. Aメロ
    3. Bメロ
    4. サビ前
    5. サビ
    6. サビの最後
    7. Aメロの展開部
    8. サビの展開部
    9. アウトロ

初めに

全国の西村歩ファンの皆さま、こんにちは。Noriyaです。皆さまは既に西村歩のニューアルバム「HEARTLAND」を手に入れ、ヘヴィーローテーション真っ只中のことと思います。そして「どの曲を弾いてみようかな〜?」と物色しているのではないでしょうか。

ただ西村歩ファンの皆さまは、彼の素晴らしいバラードのほうへついつい目(と耳)が行き、「渚 de Slow Time」や「蝉しぐれ」、「if」や「Story of Life」等といった楽曲を弾いてみようと思っているのではないでしょうか。もちろん弾きたいと思う気持ちはわかります。どれも素敵な楽曲だからです。是非どんどん弾いてみてください。

しかし西村歩の魅力はバラードだけではありません。彼独特の、低音弦による「チャ」を駆使したスピード感溢れる楽曲もその大きな魅力の一つだと言えます。ところが…YouTube等で動画をアップしている人を見てみると、そういったスピード感溢れる楽曲を演奏している人がなぜか非常に少ないのです。

例えばこのように考えて、バラードしか弾いてみようとしない人が多いような気がします(実は私も数年前まではそうでした)。これは個人的には非常に危機的な状況であると感じています。バラードが好きで弾くのは全く否定しません。私も大好きです。しかしバラード以外の曲を弾かないのはあまりにももったいないですし、ギターの楽しみ方として少し損をしているようにも思います。

これはどげんかせんといかん!ということでwこのページを作ってみることにしました。

クリックを使って「チャ」が入るテンポの良い曲を自分でも気持ちよく弾けるようになってくると、バラードを弾く時の感覚も変わってきます。テンポの良い曲ではリズムキープが命ですが、バラードでは逆に大胆にテンポに変化を与えることができます。リズムキープができてこそリズムを崩した表現をより理解できるようになり、バラードの表現力も格段にアップするはずです。

皆さま、「HEARTLAND」の1曲目、「Shining Road」を是非ノリノリで弾いてみようではありませんか!(^^)

「チャ」を理解する

「チャ」の実例

まずはこの動画をご覧ください。

西村歩のファーストアルバム「emotion」のオープニングを飾る、軽快なリズムで楽しくウキウキしてくる曲「Sunny Day Drive!!」です。この曲で使われているテクニックが「チャ」です。小節の2拍目と4拍目に右手親指で「チャ」という音を入れることでリズムを作り出し、ノリノリでウキウキした感じを演出しています。こういうの、弾いてみたくないですか?(^^)

ただ、この「チャ」という音を出す具体的な方法をあまり理解されていない方が少なからずおられるように思います。具体的に理解できていないから、どうしても苦手意識を持ってしまうのです。

「チャ」はどうやって鳴らすのか

この「チャ」はいろんなギタリストが使っている技術なのですが、人によってやり方は若干異なります。ただ西村歩が採用している方法は比較的シンプルで、初心者の方でも理解しやすい部類に入ると思います。

「チャ」は右手親指で6・5・4弦のいずれかを「叩く」ことによってその音を得ています。

こう書くと非常に簡単なように聞こえますが、この文章では実は正確に表現できていません。「チャ」を綺麗に鳴らすには以下のポイントに気を付ける必要があります。

1.「チャ」という音が出る仕組み

西村歩奏法の場合、右手親指が低音弦に当たることで「チャ」という音が出るのではありません。右手親指で低音弦を叩き、叩いた低音弦がフレットに当たることで「チャ」という音が得られるのです。ここが本当に重要なポイントです。

よって、弦高が低めのギターのほうが「チャ」を鳴らしやすいという傾向があります。右手が軽いタッチであっても、弦とフレットの間隔が狭い分「チャ」を誘発しやすくなるからです。

2.「チャ」の後は必ずベース音を弾く

西村歩奏法では多くの場合、右手親指で「チャ」という音を出した直後にそのまま右手親指でベース音を弾きます。

「チャ」を鳴らす時に右手親指が狙うポイントは以下の3つになります。

  1. 5弦と6弦の間
  2. 4弦と5弦の間
  3. 6弦直接

上の2つが「〜の間」になっているところがミソです。これは次項と同時に検証してみるとよりわかりやすくなると思います。

3.ベース音を弾く弦の一つ隣の弦で「チャ」が鳴っている

簡単に言うと、右手親指で「チャ」と鳴らした後5弦を弾く場合、その「チャ」は実は6弦で鳴っているということです。だからその場合は5弦と6弦の間を狙って叩きます。わかりやすいように時系列で書くと、

  1. 5弦と6弦の間を狙って右手親指をヒット
  2. 6弦がフレットに当たって「チャ」という音が出る
  3. その直後そのまま右手親指で5弦を弾く

「チャ」を動画で解説

以上のことを、動画で解説してみます。

ここまでの解説を読んだ上で動画を見ていただければ、西村歩の「チャ」をマスターできるはずです。

「Shining Road」にチャレンジ!

チューニングは CGDGBD、カポは2フレット、テンポは BPM 130 です。また、五線譜上の赤い文字は左手の運指で、

です。

イントロ

イントロ
イントロの演奏例

Aメロ

Aメロ

Bメロ

Bメロ

サビ前

サビ前

サビ

サビ

サビの最後

サビの最後

Aメロの展開部

Aメロの展開部

サビの展開部

サビの展開部

アウトロ

アウトロ

初稿
平成29年3月4日
最終更新
平成29年3月20日
ナビゲーション
西村歩 (Ayumu Nishimura) まとめページ
アルバム「HEARTLAND」徹底分析
Tour Shedule
Profile
Discography
Tuning
Equipment
Video
Link
noriya.info